足むくみの様々な解消方法とタイプ別解消方法を紹介しています【むくみ習慣】

【むくみ習慣】足むくみを解消する15の方法|あなたに合った改善方法も必ず見つかる

タイプ別のむくみ

むくみで悩むママさん必見!妊娠中のむくみ解消法をご紹介!

むくみで悩むママさん必見!妊娠中のむくみ解消法をご紹介!

おなかに大事な命が宿り、ワクワク幸せな毎日を過ごしている妊娠期間中に、ひどいむくみで悩むママさんたちが少なくありません。

おなかに赤ちゃんがいるので無理なことは出来ないけれど、酷くむくんで苦しい、そんなママたちに妊娠中のむくみ解消法をご紹介します。

妊娠中はむくみやすい

妊娠中はむくみやすい

女性はもともとむくみやすいと言われていますが、妊娠したことでさらにそのむくみが酷くなってしまうことは珍しくありません。

むくみは体の中に不要な老廃物がたまっている状態なので、指で軽く押しただけでも指の跡がついてしまいます。
特に妊娠中は手や足がむくみやすいのが特徴的です。

女性の中には妊娠中に限らず、生理前になるとよく足や体がむくんでいたという方も少なくありません。
女性とむくみは関係が深いのです。

体がむくむ原因は女性ホルモンの働きが関係していて、ホルモンの働きのバランスが乱れることで酷いむくみが生まれてしまいます。
この状態は、妊娠するとさらに悪化することが分かっていて、妊娠中は女性ホルモンの分泌が活発になるためなのです。

妊娠中は、循環の血液量が増えると言われている妊娠の中期から後期にかけて酷くなる傾向があります。
この時期になるとむくみを訴えるママさんたちが増えてきて、おなかの赤ちゃんが心配になって担当に先生に相談するべく産婦人科に駆け込むというシーンも珍しくありません。

今すぐ始めたいむくみ対策

今すぐ始めたいむくみ対策

酷いむくみは今すぐにでも解消させたいぐらいです。しかし、おなかの赤ちゃんのことも心配でしょうから、妊婦さんでも安心して出来るむくみ対策をいくつかご紹介します。

食生活を見直す

以前と同じ食べ物を食べても今の状態がむくみやすい状態なので、塩分の摂り過ぎには細心の注意が必要です。

不要な塩分を体の外に排出するためには、カリウムが含まれた食材を意識して摂り入れてみてください。
それから塩分の高いインスタントファストフードなどは出来るだけ避けたほうがいいでしょう。

醤油や塩の代わりにお酢レモン汁などを使うことで塩分を控えることが出来ます。
例えば焼き魚に塩を振りかけずにレモン汁やすだちの果汁をかければ、塩分がなくても魚の風味をおいしいままでいただくことができます。

ちなみにカリウムが豊富に含まれている食材はキュウリバナナワカメトマト納豆ほうれん草などです。

洋服を見直してみよう

妊娠中は気づかないうちに徐々に体が大きくなっていきます。
おなかだけでなく体全体が丸みを帯びていくのはおなかを守るためなので、妊娠中は過度のダイエットはNGです。

体にフィットする洋服は冷えを防止するためにもおすすめですが、締め付けがきついと血流を阻害してしまうので、マタニティ用のゆったりとした洋服を着るようにしてください。
洋服だけでなくルームウエアやパジャマ、下着などもゆとりのあるものに変えるといいでしょう。

適度な運動は必要

妊娠中だと体を動かすことが怖いかもしれませんが、妊娠中でも運動不足は不健康になってしまうので、運動不足を解消する必要があります。

おなかの赤ちゃんと母体に負担がかからないように、毎日の日課としてお散歩を取り入れてみてください。
家の近所をウォーキングするだけでも十分な運動量になるでしょう。

時間にするとおよそ20分前後を目途にします。
歩いている途中でお腹が張ったり、調子が悪くならないように、ゆっくりと歩くことを心がけます。

妊娠前の歩くスピードより遅くても運動の効果はありますのでご安心ください。

病気が隠れているむくみの可能性もある

病気が隠れているむくみの可能性もある

むくみが病気によって起こっている可能性も捨てきれません。
妊娠中のむくみで考えられるのが「妊娠高血圧症候群」です。

おなかに赤ちゃんがいる状態で血圧が高くなると、おしっこにタンパクが流れ出てしまいます。
この状態が続くとおなかの中の赤ちゃんに栄養や酸素がうまく届かず、発育が悪くなります
また、症状が悪化すると胎盤が剥がれてしまったりお母さんの体が痙攣することもあり、この場合は一刻も早く病院で受診する必要があります。

妊娠高血圧症候群は妊娠前から高血圧糖尿病腎臓病などを患っている場合や、妊娠してから急に体重が大幅に増えてしまうことが原因のひとつとされています。

妊娠高血圧症候群と分かれば、かかりつけの病院で正しい診察、治療を行うことで症状が改善されるので必要以上に怖がることはありませんが、症状が出始めたら早めに診察を受けてください

治療だけでなく、日常生活を見直すことも大切です。例えば食事は塩分を控えめにしたり、体の塩分を排出させる働きを促すためにカリウムが含まれた食材を食卓に並べるといいでしょう。

手軽に取れるのはバナナです。バナナは栄養豊富なので、おやつ代わりにもおすすめです。

また、心身ともにリラックスすることも大事なので、お風呂に入るときにアロマオイルを垂らしてみたり、寝室にリラックス効果を高める香りのポプリなどを飾ってもいいかもしれません。

-タイプ別のむくみ

Copyright© 【むくみ習慣】足むくみを解消する15の方法|あなたに合った改善方法も必ず見つかる , 2019 All Rights Reserved.